ニキビを防ぐにはまず洗顔から!

ニキビを防ぐにはまず洗顔から!

ニキビを防ぐための方法として、洗顔を挙げる人は少なくないでしょう。
一般に広く浸透しているように、ニキビを防ぐには洗顔が最も基本で、
かつ重要な事項です。ぜひとも正しい洗顔法を知って、毎日の洗顔でニキビを
防ぎましょう。

 

◆ニキビを防ぐにはまず洗顔から!◆

 

ニキビを防ぐ「正しい洗顔」のポイントは次の3点です。
しっかり覚えて実践しましょう。

 

(1)温かい水で毛穴を開く。

 

 あなたは洗顔のときに、どのくらいの温度で洗っていますか。
 毛穴が引き締まるように冷たい水という人、毛穴が開くように熱めのお湯という人、
残念ながらどちらも正しい洗顔ではなく、毛穴の奥までしっかり洗えていない可能性が
あります。
 理想的な洗顔の水温は、30℃〜34℃と言われています。体温より若干低いくらいが
ちょうどよいのです。ぬるい水と感じる程度がよいでしょう。
 冷たい水では毛穴が閉まるので、毛穴の奥にある汚れを落としきれません。
 熱いお湯では必要な皮脂まで落としてしまい、肌を保護する膜がなくなってしまいます。
 そこでぬるい水温が適切なのです。

 

(2)泡で洗う。

 

 泡で洗うことはすでに実践しているという人が多いでしょう。
 しかし、本当に泡で洗っていますか。
 手でこすることなく、泡で洗うことが大切です。手でこすらないというのは、肌に
直接手が触れないようにして洗いましょう。かなりソフトに洗うと感じられるでしょう。
 泡で優しく洗うことにより、毛穴の奥に泡が入り込み、余分な皮脂や汚れを上手に
落とすことができます。
 洗顔の時に手でこすってしまうと、肌を傷つけてしまうので気をつけましょう。また、
こすると、せっかく取った肌の角質がまた毛穴に入り込んでしまう可能性もあります。

 

(3)しっかり流す。

 

 しっかり洗い流して洗顔料が残らないようにすることが大切です。
 落としたと思っても残っていることが多いので、ゆすぎすぎだと思うくらい
ゆすいでもよいでしょう。

ニキビ肌のクレンジングのポイント

メイクをしたなら必ずクレンジングをしてメイクをしっかりと落す必要があります。
きちんとクレンジングすることによって、メイク残りによる肌トラブルを避けることができます。
しかし、注意が必要です。
クレンジングにはいろいろなタイプのものがあり、特徴を押さえたうえで自分に合ったクレンジングを選ばなければ、逆に肌トラブルを抱えることにもなりかねないのです。
では、クレンジングを選ぶポイントやクレンジングを行う時の注意点を押さえておくことにしましょう。
まず、クレンジングを選ぶポイントですが、最も重要なのは、クレンジング ランキングなどで自分の肌質を知りそれに合ったクレンジングを選ぶということです。
乾燥肌や敏感肌の人は洗浄力が高いオイルクレンジングやクリームタイプのクレンジングは避けたほうが無難ですし、しっかりメイクをする人はジェルタイプのクレンジングだけではメイクを落とすことが難しいかもしれません。
ですから、自分の肌質やスタイルを考慮に入れてクレンジングを選ぶようにしましょう。
クレンジングを行う方法も重要なポイントとなります。
クレンジングの後に洗顔も行うのだからクレンジングは適当でよいだろう…という考えは正しいとは言えません。
きちんとクレンジングでメイクを落とさないと肌トラブルを抱えることになりますし、基礎化粧品で保湿などを行っても意味がなくなってしまいます。
ですから、しっかりとクレンジングを行ってメイク残りの無いようにしましょう。
メイクが残らないようにしっかりとクレンジングをするといっても、力任せに洗えばよいというわけではありません。
力を入れてクレンジングをすると、肌に大きなダメージを与えてしまいます。
優しく丁寧に、しかもしっかりとクレンジングをすることが大切なのです。