光を利用した治療でニキビを治そう

光を利用した治療でニキビを治そう

あなたは、光を利用してニキビ治療ができることを知っていますか。
光は植物の成長や人間の健康のためにも必要不可欠なものです。ニキビ治療においても、
光を利用することで肌の奥深くまで必要な成分が届きやすくなり、ニキビに対する充分な
効果が期待できると言われています。

 

◆光を利用した治療でニキビを治そう◆

 

光を利用した治療を「LEDダイオード」といいます。
LEDダイオードには赤、青、白の3種類があり、肌の状態や目的に応じて使い分けます。
どの種類を使用しても痛みはほとんどなく、肌にかかる負担は少ないと言われています。
LEDダイオードを照射した後に肌が赤くなることもほとんどありません。
そのため、敏感肌の人でも使えるケースが大多数です。
LEDダイオードの色別の効果も知っておきましょう。

 

(1)赤の効果

 

 赤のLEDダイオードには、肌の表皮のコラーゲンを増やす効果があると言われています。
コラーゲンが増えると肌の保湿力が増え、ハリや艶が実感できます。また、肌にハリが
出ることで小じわが改善されます。他にもクマの改善も期待できるようです。

 

(2)青の効果

 

 青のLEDダイオードには、ニキビ跡の色を薄くし、皮脂の分泌を減らす効果があると
言われています。また、毛穴を目立たなくされる効果もあるため、透明感のある美肌を
目指すことができます。他にも、肌に常在しているアクネ菌を死滅させることができ、
結果としてニキビが出来にくい肌にすることができます。

 

(3)白の効果

 

 白のLEDダイオードには、シミを改善する効果があると言われています。
 LEDダイオードの3種類の色の中でも一番肌の奥に届きやすいようです。

 

とても魅力的なLEDダイオードですが、残念なことに現在はまだ3種類全てには
対応されておらず、青のみ取り扱っている皮膚科がほとんどです。
白や赤のLEDダイオードを受けたい場合には事前確認が必要です。