女性と違う男性の肌質

女性と違う男性の肌質

肌ケアを行っている男性も、20%未満と少数派ですが、いるそうです。
今後は男性も女性のように当たり前のように肌ケアをおこなう時代になりそうですね。

 

◆女性と違う男性の肌質◆

 

女性と男性では肌質の傾向が違います。もちろん個人差がありますので、男性でも
女性と同じような肌質の人もいるでしょう。あくまで、このような傾向があると
いうことで受け取ってください。

 

男性は、女性と比べて油分が多く、保湿力が低いという肌質の特徴があります。
保湿力が低い肌は乾燥しやすくなっていますから、「油分は多い一方で水分が少ない」
というのが男性の肌質と言えるでしょう。
どのくらい男女で差があるのかというと、男性の皮脂量は女性の3倍あるにも関わらず、
男性の水分量は女性の半分程度しかありません。男性の肌と言って思い浮かべるであろう
ベタベタ、テカテカした肌は、このような特徴から仕方ないと言えるかもしれません。

 

さて、油分が多いことも、保湿力が低い(イコール、乾燥しやすい)ということも、
どちらもニキビが出来る原因となります。
「油分が多いなら洗顔を頻繁にすれば良いのではないか」と思いがちですが、
実は油分が多い状態から油分が少なくなると、皮脂の分泌が活発になってしまうのです。
そのため、油分が多いことの対策で何度も洗顔をしてしまうと、洗顔をすればするほど
皮脂がたくさん分泌されてしまい、ニキビが出来る可能性があるのです。
洗顔は多くても1日3回程度にとどめておきましょう。

 

男性は、荒い洗顔をしがちですが、洗顔方法を見直しましょう。
肌に刺激を与えないよう、洗顔料をきちんと泡立て、たっぷりの泡で優しく顔全体を
洗うことが大切です。泡立てが楽になる洗顔ネットがありますし、洗顔料によっては
泡の状態で容器からでてくるものもありますので便利なものを選びましょう。

 

洗顔の後は一層乾燥しやすくなっていますから、毛穴の奥にまでたっぷりと化粧水を補う
ことも忘れないようにしましょう。